古着をネット通信販売で購入するか検討中の人に役立つ情報サイト

古着を購入するときの注意点は

古着ならではの注意点を知る

古着を購入するときは、新品にはない注意点があることを知っておく必要があります。
前の持ち主がどれくらい着用していたか、手入れの状態はどうだったのかは個々によって異なります。
古着を買い取る基準は、業者によってもいろいろでしょう。

いずれにしても、汚れやキズがあることは避けられないかもしれません。
衣服のニオイが気になることも考えられます。
実在の店舗で購入するときは、どのような状態なのか自分で確かめられますよね。
ところが、ネット通信販売で購入する場合は、実物が届くまでわからないのです。

サイズが合わない、色やデザインなどがイメージと違っているなどは、古着を購入する場合だけではありません。
しかし、古着の購入に際しては、新品にはないマイナス面があることを覚悟しておきましょう。

返品などについての確認が必要

商品の購入に際して、「特定商取引法」では「中途解約」が設定されています。
その対象は、先方から商品購入をすすめられた場合です。
これらの方法には、不意打ち的な性質があるからです。

自分からお店へいくときは、商品を購入する意志がありますよね。
通販で商品を購入するときも、それと同じ扱いになります。
そのため、ネット通販での買い物も中途解約の対象にはならないのです。

しかし、返品トラブルの多さが問題になり、特定商取引法が改正されました。
そのため、通販サイト内に返品特約の表示がないときは返品が可能です。
また、その期間は、商品の受け取り後8日以内とされています。

ただし、「返品不可」など、業者が返品特約を表示しているときは、そちらを適応することになります。
このような理由から、商品購入前には返品などについての確認が必要です。


この
記事を
シェア

TOPへ